避妊薬とセックス ドライブ。ピルはリビドーを下げる?

避妊手術が女性の性欲に及ぼす影響については、さまざまな憶測が飛び交っています。しかし、科学者たちは、女性の性欲を駆り立てる要素は、科学的な方法とは相容れないことを発見するに至りました。避妊薬と性欲の関係についての研究では、継続的に異なる結果が出ています。

避妊用ピルと性欲に関する科学

このテーマで行われた研究調査を分析すると、ほとんどの女性が避妊薬と性欲の間に関連性はないと報告しています。しかし、避妊薬が体の機能を変化させることで、セックスへの興味を失う原因となることが様々にあります。

ホルモンの異常

多くの科学者は、テストステロンを性欲ホルモンと考えています。多くの避妊薬に含まれているエストロゲンは、体内のテストステロンレベルの低下に関係しています。これは、エストロゲンが性ホルモン結合グロブリンの増加に寄与しているためです。エストロゲンは、体内のテストステロンの一部を捕捉します。

Journal of Sexual Medicine誌に掲載された研究によると、避妊薬を服用している女性の性ホルモン結合グロブリンのレベルは、ホルモン避妊薬を使用したことのない女性の4倍であることがわかりました。

テストステロン値の低下につながるもう一つの要因は、排卵がないことです。ほとんどの経口避妊薬は、妊娠を模したホルモンを体内に放出することで効果を発揮します。その代わりに、排卵を妨げることで妊娠を防ぐことができます。しかし、女性の中には、周期の途中でテストステロンのレベルが上昇する人がいます。このテストステロンの増加により、性欲が急上昇する女性もいます。

しかし、避妊薬を服用すると排卵が起こらないので、テストステロンの上昇はありません。そのため、ピルを服用すると、この性欲の高まりを見逃してしまうかもしれません。

避妊薬は潤滑性に影響を与える

低用量の避妊薬の副作用の1つは、女性が濡れにくくなることです。これは、性欲減退の兆候ではありませんが、一部の女性が興奮する能力に影響を与えます。

研究の課題

性欲減退がどのような意味を持つのか、人によって明確にするのはとても難しいことです。ある人にとっては、自分はそれほど好きではないということかもしれません。また、セックスをすることに抵抗を感じる人もいるでしょう。これが、避妊薬と性欲の関係について、研究で異なる結果が出続けている理由の一つです。

ピルが性欲に影響している場合の対処法

避妊薬と性欲の間に関連性があると感じた場合は、別の薬や方法に変更する必要があります。両者に関する情報はこちらをご覧ください。

別のピルに切り替える

経口避妊薬の魅力は、さまざまな種類があることです。避妊具が効かない場合は、医師の助けを借りて別のピルに変更することができます。

ドロスピレノンを含むピルは、抗テストステロン作用があることが知られています。もしあなたのピルにそれが含まれているなら、プロテストステロンと考えられるレボノルゲストレルを含むピルに変更することができます。

別の方法に切り替える

ピルがどうしても効かない場合は、別の避妊法を選ぶことができます。IUDは、排卵を妨げないので良い選択肢です。ホルモン剤ではないので、銅製のIUDの方が良いかもしれません。


Related articles